内装にかかる費用

内装にかかる費用は、場合によって異なります。

 

例えば数十坪の飲食店を路面で経営するとしましょう。

初期費用の内訳としては、物件取得費、保証金、家賃、仲介手数料、改装費用、設計費用、厨房機器代、備品代、文具・制服等の雑費、仕入れ代、広告費、初期運転資金等が挙げられます。
一般的には総額で1000万前後かかります。
あくまでも概算なので、物件の状態や工事の様態、設備の新旧、居抜きかどうかによっても大きく変動します。

開業資金に占める店舗内装費は、事業計画書を基に決定します。

業者の中には坪単価を載せて安さをアピールするところもありますが、安易に飛びつかないことが肝要です。
その場合でも追加工事を何度もされて総額が膨れ上がることは少なくありません。
資材があまりにも悪質であるケースも存在します。
「安かろう悪かろう」はどの業界にもいえることです。
何故その価格で工事できるのかを丹念に調べることは、経営者とはいえ、一消費者としての最低限の防衛です。
因みに一般に坪単価は工事面積が大きいほど低くなります。

 

店舗デザインは経営者の自己満足で終わらせるものではありません。
経営者の希望イメージも欠かせませんが、何よりも客にとって満足できる空間にする必要があるからです。
客がストレスを感じないような動線、テーブル・イス同士の距離を確保することはデザインの基本です。
ですが予算をケチって安い椅子などを入れた場合、適正な距離・配置だとしても居心地が悪くなってしまうこともあるでしょう

また店舗周辺の環境に問題はないかを下調べすることも重要です。飲食店やパチンコ店が近い場合、費用をかけて匂いや音の対策は欠かせません。
一方、想定する客層が何を求めるのかはある程度類型化できるため、他店と差別化するためにも多少は独創的なデザインであることも求められるケースが多くなります。

 

こうしたバランスが繁盛の秘訣なのです。