ターゲットを女性に絞る

とある企業は、所謂女性をターゲットにし、女性の消費行動と生活スタイルに関して調査レポートを作っているようです。これは、18歳から、50歳の女性を、4つの世代に分類して作成されているようです。18歳~25歳の世代では、ソーシャルネットワークサービスの利用が多く見られるが、不特定多数のクチコミより、特定した人からのクチコミの方が購入の決定につながりやすいという結果が出ているようです。26歳~32歳の世代では、購入の要因については、CM、店頭広告、クチコミサイトの3つが目立っており、情報収集の上、比較検討して消費決定へと繋がっているようであるという結果が出ているようです。33歳~45歳の世代では、購入決定に繋がる情報として、クチコミサイト、店頭広告、接客というのが挙がっているようです。クチコミと言った回答率が低く、客観的な情報を知った上で、店頭でのひと押しが購入へ繋がっている様です。46歳~50歳の世代では、ショッピングの際、実際に接客から得る情報や店頭広告という様に、店頭で得られる情報が購買に繋がりやすいという結果になっている様です。こういったレポートから、世代によって消費決定の行動には、大きな差があることが分かるのではないでしょうか。こう言ったレポートを参考にし、店舗デザインの段階で「自身の店のターゲット」に焦点を当てた売り方、サービスといったものを考えてみるというのも大切であると言えるのではないでしょうか。こういった情報収集も多面的におこなって行くのもまた、大切な店舗デザインと言えるのではないでしょうか。開店後の集客対策にも繋がってくるポイントになるため、できるだけしっかりとしたコンセプトとターゲットを定めておくというのも大切と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です