店舗デザイン依頼のための準備

店舗デザインを依頼する際、自身の予算とは別に、物件の細かい情報や、賃料の発生ががいつからなのか、また、その物件の契約形態をきちんと理解しておく事が重要と言えるでしょう。デザイナーさんは、単に空間を素敵にデザインするだけの役割ではなく、こういった情報や予算を加味し、素材や構造を考えて行くため、打ち合わせの段階で、できるだけ多くの物件の情報を理解し、その上で自身はどうして行きたいか、また、どういった部分で迷ったり悩んでいるかといった事を伝えられるくらいまで考えと予算を練っておけると、店舗デザインはスムーズに進むのではないでしょうか。店舗を経営したいという方が必ず持ち合わせていると言えるものが「スタイル」ではないでしょうか。ただ、雰囲気の良い空間を作りたいという要望だけであれば、打ち合わせもあまり必要ではなく、それなりに経験を積んだデザイナーさんと業者に任せておけば問題ないと言えるでしょう。しかし、開業したいと思うからには、こういった既存の「良い雰囲気」だけのお店を作りたいわけでは無いでしょう。毎日の中で「こういうお店があったらいいな」とか、「こういう場所を作りたい」というような理想や想いがあるからこそ、開業という思い切りができたのではないでしょうか。逆に、そのような理想や想いもなく、ただ何と無く回転させるお店は、かなりの立地に恵まれない限り成功は難しいと言えるでしょう。たとえ予算や日程的に実現が難しく、多少妥協を呑まなくてはならないことになったとしても、そこに目標や個性が見られなければ、何の意味もない「ただ雰囲気の良さそうな店」になってしまうでしょう。しっかりと芯の通ったお店というものが、店舗デザインに反映されるくらい、充分にこだわっていけたら良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です